スマートフォン

6c195fa01438e5d6506988dc25ffa9eb_s
スマホなんて、まだまだ所有できない私です。よく見かける、充電器と一緒の、つながれっぱなしのスマホ、あのようになっちゃうこと間違えなしな予感です。検索バリバリ!気になることがあれば、休みなく調査したい私はインターネットオタクなのかもしれません。
家ではインターネット、電車内でも喫茶店でも、オルウェイズWEBライフ?そんな人生に切り替わりたくないため、今まで私は踏ん張ってガラケーライフでしがみついて来たんです。流れに乗りたくないアンチ、そして天邪鬼な精神面も、いよいよ終止符かなと・・。こんなそんなで、何度も危機を感じてきたんです。
甘いモノ、つまりはスィーツを重視してる私。週にたった一度、心地よい早朝起床のため冷蔵庫にはミルクレープを調達してあります。明日よ、来い来い!大歓迎なのです。
特別な予定もない明日は、不動産屋巡りでも行っておくべき日なのです。交友関係(・・私の。)は誰も予約してないです。土日ならば、多くの友人はデートが入っています。平日であっても、だいたいの友人(・・仲良しだと思い込んでいる親友。)も、きっとおそらく「ごめん、ごめん!」が第一声だと、予測がついてしまいます。周囲に期待してはならんのですよ。自分以外をもてなす目的ではない、つまらない用事で交友関係を乱したくないという、私のプライドもあるのです。
不動産関連、お仕事で携わるスタッフさんたちは、ただ単に彼らが食うために働いている点、私は理解しています。私の引越しを真剣に、親身になって尽くしてくれるような輝かしい社会人は少ないものとして期待を持っていません。人間には裏表があるのです。営業の方々だって、不動産業界であろうとも、やはり事実上は単なる仕事という認識での営業スマイルを武器として日に日に笑顔も上達していくはずです。不動産業界の実態を知らない私だからこそ、ありもしない想像を湧かせてしまいそうな、こんな自分が好きではないのです。こういう私でも、過去に引越し体験は一度と言わず有るのです。あんまり正直に書き始めると、ついつい軽い口が滑って必要がないことまで喋りかねないため、私は早い段階から口を閉ざしておきます。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ