引っ越し魔の私と収納棚

私はここ10年くらいの間に8回ほど引っ越しをしている。
1人暮らしの部屋から結婚してマンションに引っ越し、さらに地方に引っ越して一戸建てに住んで、ようやく落ち着くかと思いきや、子供を産んで数年たったころ離婚することになり、地元に逃げ帰ってきた。

でも実家には受け入れてもらえず、アパートやマンションを転々とする生活が数年続いた。
だいたいどこも2年更新だけど更新することはまずなくて、毎回引っ越す。
家具は結婚していた時に安いIKEAで揃えていたものをそのまま持ち出している。

9881e8f979025fe1f13974e6843b1b63_s
大きなCUBU状の棚で引き出しや扉がランダムに入れ替えできるエクスペディートという商品だ。
もう廃盤になっている商品で、今はもう他の名前に変わっていてもう同じ厚さのものは手に入らないのが残念でならない。
引っ越すときは、この棚の中身がとても重要なのだ。

引越し 県外 料金を節約するには?
この棚の引き出しや扉のユニットBOXはインサート式で簡単に引っ張り出せるようになっている。
物が大量にある私の部屋の引っ越しは、この棚を買うまではとても大変だった。
引き出しの中身を全部出して箱に詰めていたから、準備にも片付けにも何週間もかかっていて、へとへとだった。
でもこの棚を買ってからは、中身のユニット引き出しを丸ごとスポっと抜いて箱詰めして、隙間にはタオルや洋服を詰めて、引っ越し先でも開けてすぐ棚に戻せばいいだけなので、引っ越し作業がぐっと楽になったのだ。
今では家族にも友人にも引っ越しの達人と言われている。
毎年のように住所が変わって年賀状が戻ってきてしまうと友人から苦情が絶えないが、住み心地の良い部屋を求めて私は引っ越しを続けている。
最強の棚とともに。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ