私の東京からの引っ越し

私は岐阜県民で、東京で就職して、行った時は何も持たず両親からお金を貰って、布団は大家さんが用意してくれたので、行った時は手ぶらで、東京へ行ってから要る物を買ったので、行った時はさほど大した事は無かったが、東京で精神病になり会社を辞め帰る時は大変な引っ越しだった。

アパート2

引越し 単身パック 荷物量について

母がまず手伝いに来た。荷物をまとめ、段ボールは引っ越し業者から貰って居た段ボールに入れたり縛ったりした。そもそも母を東京駅まで向かえに行く時大変だった。母をやっとの思い出見つけ出し、アパートの有る所まで連れて行くのが大変だった。母は東京は始めて来る所だったので、案内しるのが大変だった。食事は店に行った。私は荷物が出来上がると、レンタカーを借りに行った。荷物をワゴントラックに載せてまず、アパートを出てホテルへ行った。ホテルのTVはHなビデオばかり流して居たので私は見たかったが、母はそう言う物は嫌いなので、とっとと寝た。翌日自宅へ向かったが、車がホテルの駐車場の坂を一回では登らなかったので、勢いを付けて登った。東名高速道路を使い帰った。車を返しに行くとき幻想を見ながら、一人で運転して返しに行った。よく事故らなかったと思った。そんな引っ越しだったが後から大家さんにガス台が汚いから専門業者に頼むから金を送れと言われて送り引っ越しは終わった。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ