引っ越しはできるところだけ手伝って

年齢を重ねてからの引っ越しには気をつけなくてはいけません。年齢を重ねると腰を中心に若い頃のような元気な状態ではなくなります。自分はまだまだ若い!と思っていると引っ越しで腰を傷めたり首を傷めたりしやすいです。

自分はまだまだ老人ではない!まだまだ人生これからだ!と思う気持ちは必要です。自分を奮い立たせるのは自分の気持ち次第です。だから自分を年寄り扱いしないのは良いことのように思います。
都内 一人暮らし 引越し料金について
ダンボール1
ただ、引っ越しのような大変な作業の連続で無理はしない方がいいです。まだまだ若い!と思って、若い人と一緒になって段ボール箱をあっちの部屋こっちの部屋と移動させているうちに腰や首に負担がかかります。

若い人の体だって引っ越し作業はストレスになるのです。60代以上の人は、体力に自信があっても体格がよくても無理は禁物。後々病院通いしないためにも、「引っ越し作業はできるところだけ手伝う」という考えで十分です。

引っ越し作業そのものは引っ越し業者にお任せしておけばいいです。何かしたいのなら引っ越し業者にジュースやちょっとした菓子を出す程度で十分です。あとは引っ越し業者の邪魔にならないように過ごしていれば特に力仕事をする必要はありません。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ