段ボール箱に衣類をしまう時には

タンス

衣類を段ボール箱にしまう時には、同じ物をまとめて入れるようにします。新居でどこの場所に衣類をしまうのが決まっていない場合には、段ボール箱にはどの衣類が入っているのかはっきり書いておくべきです。

そして、家具類などを移動する時には破損しないように衝撃吸収剤で要所を補強しておくことも大事になります。

引越し業者に依頼せず自分で引越し作業をするのであれば、これらの手間のかかる作業を全くやらずに、そのままの状態で移動するという考え方も有効です。家具類などは少しばかりキズが入っても何年も変えることは間違いないので、このあたりは自分の考え方次第となります。

もしくは、家具を少なくして整理整頓していく考え方も有効です。日増しに様々な道具が増加していく傾向があるので、引越しの際にはこれらを処分したりして少なくしていく考え方も有効となるのです。

また、引越し業者に依頼するときには、どこに移動したら良い荷物なのか分かりにくい状態となるので、各部屋ごとに移動する物を分けて考えていきます。その部屋の中におくものを段ボール箱にも記載しておけば、スムーズに移動をすることが出来るのです。

このようなちょっとした手間で分かりやすく準備する事が重要になります。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ