引越しには特別なテクニックは必要無い

引越しをするときには、うまい段取りが必要であったり、ちょっとしたテクニックが必要だったりすることもありますが、多くの場合は誰でも作業が可能であり、何をすると問題になりそうなのが予想できる範囲だと言えます。

その為、1つずつゆっくり考えながら作業を続けていくことができれば、安全な引越しをすることが可能となります。車両に関しても、10人乗りタイプのバンであったり、屋根無しの軽トラックなどを確保することができれば、大半の家具類を積載することが可能となります。
7e216cbaec5c823ecfcfc6f200d2d3a0_s
大きな家具類の移動ができるのであれば、後はマイカーに分譲して様々な物を入れていけば、引越の移動は完了出来るはずです。そうなってくると、難しいのは割れ物を移動する事です。

応接間に飾ってあるオブジェであったり、花瓶などはサイズが大きいにもかかわらず、接触させないようにするためにクッション材をいくつも入れなければいけないので、大きな段ボール箱が必要になったり染ます。

サイズが大きいという事は、少しも衝撃でもヒビが入りやすいということなので、全方向から衝撃が入ってもクッション材がカバーして、陶器などにキズが入らないようにする対策が必要になります。

結局は、このあたりの梱包作業が非常に手間となってしまいます。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ